Home|最新情報 1|特集 当社について
最新情報:2

ガラスでくるまをコーティングするアークバリア21
 
あなたの愛車をガラスならではの輝きで包みます♪


〜「これがガラスの輝きなんですね!!」〜 
 
 これは当社で「アークバリア21」を施工された方の生の声です。こんなありがたい感謝の声がたくさん届いておりますので、一例ですがここでご紹介したいと思います。
 
「えっ!?これ本当に俺の車ですか?すっごく輝きが違いますね!やっぱり頼んで良かったです!」
 
「洗車するだけで、キレイになるんですね!!」
 
「ほんとにピカピカ輝いてる!これこそ新車ですよね♪」
 
などなど・・・
 
 
以前より当社の広告を見てご来店いただいたお客様もいらっしゃいますが、お友達からの口コミや、「前もアークバリアだったから」というリピーターのお客様様も多い、そんなボディコーティング「アークバリア21」であなたの愛車もキレイに輝かせましょう!
 
もし、ご興味がありましたら、この後に長々と続く文章をご一読いただき、十分アークバリア21というコーティングの特徴を知った上で、
「この店に任せてみようかな?」と当社をご指名いただけたら嬉しいです。
 
〜なぜガラス系コーティングなのか?〜
 
 年数を経過し、光沢を失ってきたボディを輝かせるために、これまでは2つの方法がありました。1つは昔ながらのワックスがけによる光沢の付加、そしてもう1つが塗装面の研磨です。しかし、ワックスがけはご自分でやる方などはおわかりでしょうが、正直手間がかかるからやりたくない作業の1つ(笑)
洗車後拭き取り・乾燥させてから塗り込むのが一般的で、光沢の代償として細かいキズがついてしまう(>_<)
また研磨って結構出費が大きいですから、それこそ清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要f^-^;
それでも仕上がれば格段と美しくなるのですが、年数が経ってくると、やはり光沢は落ちてきます。
 
 そこで、せっかく研磨してキレイになった塗装面に、汚れがつかなくなるような処理をしたいと考えられたのがポリマーワックスというものでしょう。これによりコーティングというものが世間に知られるところとなりました。いわゆる撥水(水や汚れを弾く)系のコーティングですが、施工した当初は確かに感動するほど弾きます!しかし、こうした有機系の溶剤は、その性質上時間とともに劣化しますし、摩擦に弱く、拭いたりすると取れてしまいます。このため定期メンテナンス必須で、その度にお金はかかるし車は持ち込まなきゃいけないしで、面倒さと費用面での厳しさがありました。
加えて鉄粉が付着しやすく、特に雪国では融雪剤により酸化してしまい、劣化して黄色く変色してしまうという弱点もあって、例え焼付けにより定着を促したとしても、長持ちするには至りませんでした。
 
 こうした弱点を克服すべく、様々な技術や素材を利用して進化してきた現在のボティコーティング市場において、今、最も使われているのが、「ガラス系コーティング剤」なのです。
 
 ガラスの利点を挙げると、
 
@塗装面をガラスが覆うので、通常よりも硬度が出る
Aガラスを塗布することにより、通常よりも輝きが出る
B無機質のガラスは、有機系ほど汚れを吸着させない

etc・・・

といったものがあります。
もちろん、硬度が出るからといってキズがつかないわけではありませんし、また汚れが吸着しにくいといっても、全くつかないわけではありません。
 しかし現在の主流ということもあり、現在数多くのディーラー等でガラス系のコーティングが採用されております。また、毎年開催されているオートアフターマーケット(購入後の様々な自動車関連商品の見本市のこと)という展示会でも、コーティング素材の中心はガラス系です。そんな会場で、ある業者さんが「雪国の融雪剤(塩化ナトリウム)や地下水からボティを守るにはガラスじゃないと!」と言っていたのが印象的で、今後しばらくこの流れが続くと思います。

 
 
〜なぜ「アークバリア21」なのか?〜
 
 数あるコーティングの中で、当社はアークバリア21を選択したわけですが、その理由は、やはり輝きにあります。通常のコーティングですと、確かに最初のうちはギンギンに撥水が効いていて、いかにも「コーティングしたよ!!」ってゆう満足感を得られるのですが、その感動や興奮が日に日に冷めていくんですよね(笑)月日を重ねる毎に、どんどん効果が薄れていく。。。やはり有機系のモノは、効果が高い割りには持続性がないので、性質上「しょうがない」だけなんですけどね。(そのために定期的なメンテナンスがあるわけで・・・)
 
 ところが、アークバリア21の場合、例えて言うなら塗装と一緒なわけで、
コンパウンドで磨いてしまわない限り、落ちてしまうということがないんですね。だから、シャンプー洗車をするだけで、愛車はピカピカに蘇ります!しかも、お客様が「面倒!!」って思ってしまう定期的なメンテナンスも不要で、キレにしたかったら、洗車するだけでいいというユーザー目線でのモノ作りなところが気に入りました!(それに始めた当初は「キズがつかない!」なんてことも言ってたけど、さすがにそんなことはなかったf^-^;)
 
 ついでに、他のガラス系コーティングとの違いも少々ご説明したいと思います。Aというガラスコーティングの場合、塗装と同じように噴き付けでコートするタイプになります。塗装と同じでムラなく塗ることが出来ると言ってたと思いますが、実際普通の塗装でも噴き付けでムラは出ますよ(笑)最終的にはムラをなくす作業が必須ですf^-^;
で、手塗り出来ない車体の底部にも噴き付けることが出来るし、ボートなどにも使えるという利点があると言ってたと思いますが、実際にやったという話は聞いたことがないのでわかりません。。。一方で、欠点として噴き付けだから厚塗りになってしまい、ヒビ割れてしまう(>_<)
とか、厚塗りになるので逆に光沢がなくなってしまう、といった話も耳に入ってきますが、これらはウワサで聞いたものですから、真偽のほどはわかりません(笑)
また、Bというガラス系コーティングは、固まってガラスになる珪素等を少し入れたもので、成分の大半が撥水系のポリマー一緒だったりするものもあります。まあ、多少なりともガラスが含まれてますから、ガラスコートであることは間違いないしウソじゃないf^-^;
でも、施工はしやすいけどポリマー同様、定期メンテナンスが必要となりますからね。。。結局のところガラス系を選んだメリットが半減した印象も!?
他ではCというガラスコートは珪素の含有量なども含めて申し分ないのだが、余りに固まり過ぎるので手塗りではムラが出てしまい、それを滑らかにするのが難しく、施工後のクレームも多い。これまた又聞きですから、真偽のほどは?というところですが、結局言えるのは「どのガラスコーティング剤も一長一短」があるということ。その中でも総合的に優れているとの判断で、当社では現在もアークバリア21を使用しているというわけなのです。

 
 
作業工程と価格〜
 
<作業工程>
 実は驚くほど時間と手間をかけてあなたの愛車をきれいにするサービスです。
 
@立会いによるカウンセリング
はじめに、ご注文いただいた際、お客様と一緒にボティを点検し、「どのキズは消えるのか?」「このぐらいヒドイとちょっと難しい。」といったカウンセリングをします。お客様が想像している状態まできれいになるかどうか打ち合わせをしないのはトラブルの原因にもなります。また、以前一度磨いている車は塗装が薄くなっているため、深く削ると下地が見えてしまうので、こうした点もチェックします。
 
A洗車
泡立ちの良い中性洗剤を使用し、ボディをいたわりながらきれいに汚れを落とします。
 
B鉄粉取り
ボディに付着している鉄粉を除去します。状態にもよりますが、ここで長い時には1時間近くかかります。
 
Cボディ磨き
キズの度合いを考慮して、初めは荒めから徐々に細かいコンパウンドを使用して、徹底的に磨きます。最終的にはダブルアクションの機械を使って鏡面仕上げしますので、ここまでの工程で、ほぼ1日かかります。
 
D再び洗車
コンパウンドに含まれるアルカリ分がガラスコーティングを弾いて定着を妨げるので、ボディを中性に戻すために再度洗車します。
 
Eガラスコーティング
いよいよガラスコーティングです。硬化の度合いを見ながら、ムラが出来ないよう気をつけてコーティングし、磨き上げます。
 
F最後に洗車
最後に洗車して、コーティング面を中性にします。これを怠ると水を弾いてしまうので、この弾いた水が乾いてスケール(丸い輪)が残ってしまう可能性があります。
 
ここまででほぼ2日位かかっています。(場合によっては磨きで2日です)これで愛車をお客様に引き渡すわけですが、この時点では、ガラスコーティングが完全に硬化していません。そこで、約2週間は洗車を控えていただき、完全に硬化するのを待ちます。
 
G2週間後に来店していただいて洗車
作業後2週間してご来店いただき、サービスで洗車いたします。この際、ムラなどないか最終チェックをして、本当の完了となります。
 
 
<価  格>
 これまでのコーティング剤よりも原材料費が高く、また多くの手間をかけて、納得いただける仕上げをしますので、どうしても金額は高くなってしまいます。(もちろん他にはもっと高いコーティングがあるってことはナイショでf^-^;)
 
<車  挌> <金  額>
軽自動車及び小型車  60,000円
国産普通車・小型外車  70,000円
ミニバン・高級車・普通の外車  80,000円
4WD・1BOX・高級外車  90,000円
大型の外車(4WD・1BOX) 100,000円
 
※当社ではカードでのお支払いも可能です。(分割もOK)しかも、会員登録により、会員割引も受けられます。(会員登録はこちら)また、登録3ヶ月以内の新車に限り、新車割引も適用になります。
 
 
〜必ず注意すべきポイント〜
 
 どこのコーティングを選ぶか?それは、お客様のお好みや重視する点によります。作業を依頼するにあたり必ず注意すべきポイントについて最後にまとめてみたいと思います。
 
1.自分の求める効果・仕上がりを明確に持つこと
 
 作業後の仕上がり具合や効果、そして価格は、商品によってまちまち
です。作業する側も十分に時間をかけて最高の仕上がりを目指して一生懸命手抜きなく仕事しているハズ。しかし、互いの基準を明確にして擦り合わせしてないと、そこにズレが生じて「高い金払ってるのに!」「これだけきれいに仕上げたのに!」といった誤解が生まれてしまいます。これは非常にもったいないことです。業者側が十分に説明するのはもちろん、依頼するお客様も自分の要望を明確に伝えることが、「本当に最高の仕上がり」につながります。
 
2.塗装面の研磨により塗装は薄くなる
 
 どのコーティングにも共通することですが、新車でなければ下準備として入念にボディを磨きます。(一部当てはまらないものもあるかもしれません)これにより
塗装面を平準化するわけですが、削った分塗装は薄くなります。ガラスコートの「アークバリア21」など表面強度を上げるタイプのものは良いですが、それ以外はキズが浅く入っただけでも塗装の下地が見えてしまう場合があります。また、一度磨いてコーティングしたものを、効果がなくなってきた時に再度磨いて別なコーティングをすると更に薄くなってしまいますし、通常なら十分磨いて落ちるキズも、そこまで磨くことが出来なくなります。作業を依頼する前に、業者側に伝えておくと磨きで下地が出るといったトラブルを防ぐことができます。
 
3.作業前に両者立会いのもと車両をチェックする
 
 どこにキズがあるか、それはどのぐらい消えるか
といった仕上がりについて両者で確認するのはもちろん、塗装面以外のガラスホイールのキズから、貴重品の有無に至るまで、細かくチェックする必要があります。作業後のトラブルを防ぐためにも、面倒でも両者立会いのもとで車両チェックすることをお勧めします。
 
4.金額と支払方法は事前に決めておく
 
 パンフレットの金額を見て作業依頼したにもかかわらず、金額が違ってしまうこともあるかもしれません。ものによっては、別な工程を付加する必要が出てくることがあるかもしれません。その分通常よりも金額が上がった場合、事前に決めておかないとトラブルに発展してしまいます。業者側がきちんと金額体系を説明するのはもちろん、お客様も(消費税を含め)きちんと金額を決めてから依頼することをお勧めします。また、基本的にお支払いは作業終了後、現金またはカードで決済し、車を引き取る形となります。業者側がその旨を伝えるのはもちろんですが、どんなお店でも商品の対価としてお金を支払うわけですから、お客様も支払いについて確認されることをお勧めいたします。

 
 
以上をご参考に、きれいな愛車でわくわくするカーライフをお過ごしください。貴方様のご指名が当社であれば幸いです。お会い出来ることを楽しみにお待ちしております。
 
※尚、「アークバリア21」以外のコーティング剤についての記載は、私の持つ知識をもとに作成したものであり、認識不足や情報が変わっていたりといった理由により、実際とは異なることがあるかもしれませんのでご了承ください。(詳しくは取り扱いされているお店のHP等でご確認ください)また、このページの記載内容や表現については十分配慮したつもりですが、基本的にアークバリア21を取り扱っている会社側から見てるわけで、「他の製品を中傷している」ととられるような表現がないとも言い切れません。当社としては、そのような意図は一切ございませんので、ご理解願います。

 

有限会社 渡部硝子工業所
TEL(0242)22-9596  FAX(0242)25-0280
sales@w-glass.co.jp
Home|最新情報 |特集 当社について


Copyright 2003 (有)渡部硝子工業所. All rights reserved.